本文へ移動

再生可能エネルギー事業

ターゲットと目標

「手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する」

福島アスコン二本松太陽光発電所

 2021年1月29日に操業を開始した、自社の太陽光発電所です。自社で所有していた約36,000㎡の土地に
約4200枚の太陽光パネルを設置しました。晴天時に一日約7000kW、一般家庭の約600軒ほどを賄える量
の発電が可能です。土地を有効活用し、再生可能エネルギーの割合拡大を目指します。

事務所照明のLED化

事務所内の蛍光灯のLED化を始めました。事務所内すべての蛍光灯を順次交換していきます。
LED化によるメリットとしては、消費電力の少なさ、寿命の長さ、 があげられます。
消費電力については、従来の蛍光灯の約1/2ほどに抑えることができます。再生可能エネルギー自体の生産量を増やすこともそうですが、電力使用量を減らすことにより、火力発電等で賄っている分の電力を減らし、CO2排出の削減、相対的な再生可能エネルギーの割合を増加させることができます。
寿命の長さについては、交換する回数を減らすことにより、ゴミの削減、水銀等の有害物質発生の削減につながります。また、交換時のコストの削減にもつながります。
株式会社福島アスコン
〒969-1403
福島県二本松市渋川字才ノ神50番地
TEL:0243-54-2134
FAX:0243-54-2756
───────────────
・再生加熱アスファルト混合物の製造販売業
・加熱アスファルト混合物の製造販売業
・再生路盤材の製造販売業
・産業廃棄物中間処理業
・産業廃棄物収集運搬業
・建設工事業
・道路舗装機械リース業
───────────────
・産業廃棄物処分業
  第00720035661号
・産業廃棄物収集運搬業
  第00701035661号
・建設業 第28161号
・アスファルト事前審査認定
TOPへ戻る